結果で示す!FX自動売買

ループ・イフダンやiサイクル2など、証券会社が提供するFX自動売買等を稼働させ、不労所得を拡大させています。ます。

テクニカル・ファンダメンタル、結局どっちが良いの?

スポンサーリンク

f:id:Kenshi128:20190708213940j:plain

 FXの手動売買をこれから始めようと思っている方が、まず真っ先にぶつかる壁が「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」です。

 それぞれを有効活用すればいいという意見はもっともですが、最初のうちは、なかなか思うように投資に役立てることができないことの方が多いのではないかと思います。 

 そもそも「聞いたことはあるけど『テクニカル』とか『ファンダメンタル』って何?」という方もいらっしゃるかも知れません。

 テクニカル分析

テクニカル分析とは

 一言で言えば「チャート」を用いたFX取引手法です。

 価格は、投資家達の意思決定によって秒刻みで決定されていくため、過去のチャートの値動きから、投資家達の思惑を読み取り、将来の価格変動を予想して売買を行おうとする分析手法となります。

テクニカル分析は便利だが

 テクニカル分析は相場の動きを小さく捉えることも、大きく捉えることもできる非常に便利な武器です。

 こう聞くと非常に万能なものに聞こえてしまいますが、実はテクニカル分析を正しく解釈するためにはある程度の統計学の知識や、数学の知識が必要になり、しっかりと勉強しなければ損失を拡大させてしまうリスクもある厄介な存在でもあります。

 テクニカル分析を行う時には相場に対して様々な線を引いたり、相場の状況を数値化してグラフに表示したりするのですが、このグラフの絵面だけを追っていてもテクニカル分析の本質を理解することはできません。

 やはり、ある程度の勉強を覚悟して使う必要があるのです。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは

 資産の本質的価値に注目し、将来の価格に影響がある可能性や要因を分析する手法を言います。

ファンダメンタルズ分析で大きな流れを捉える

 ファンダメンタルズ分析は大きな流れを捉えるのに向いている手法です。

 政治動向や国同士の経済的な関係の変化は相場に大きな方向の変化を促し、この変化を捉えて相場の分析を行うのがファンダメンタルズ分析です。

 政治家の発言や各国の経済・政治動向をいち早く捉える必要があるので、毎日ニュースに注目をしておく必要がありますが、その分テクニカル分析では読みきれない大きな市場の変化を察知できるので、中長期の投資では欠かす事ができません。

難しい分析が嫌なら自動売買を選択するのも手

 テクニカル分析やファンダメンタルズ分析は中長期的な投資を行う上で重要なテクニックですが、残念ながら分析技術を身につけるのが難しく、意識しているか否かを問わず、主観が混じり込む事で相場観が簡単に崩れてしまいます。

 実はこのような分析は機械が取って代わって行なった方が都合がいい事が多く、最近ではコンピューター上のプログラムを利用した自動売買が非常に人気あります。

 僕が運用している、iサイクル2(外為オンライン)トライオートFX・ETF(インヴァスト証券)も「自動売買」であり、僕自身、過去には「テクニカル分析」や「ファンダメンタル分析」を学び、取引に臨んだこともありましたが、

  • 常時、相場の値動きを予想し、相場観を養っているそもそもの時間がない
  • これらの分析により取引を行ったとしても負ける時は負けるわけで、そのような場合、メンタルの擦り減りが著しい

ということもあり、今は自動売買だけで運用することとしています。

 「時間はないけど投資がしたい」と思う時には自動売買を検討してみるのも手です。